家づくりを成功させる7つのポイント

D 工事中の検査体制を確認すること
検査のタイミングをご存知ですか?

工事中の検査のタイミングを知りましょう。

家づくりを成功させるためには、各工程で適切な検査を行うことが重要です。
あなたが立ち会う事が出来なくてもよいのです。
きちんとした検査体制がある住宅会社を選ぶことが重要です。

1.地盤調査の実施と地盤改良工事

調査結果をデータ解析し、軟弱地盤であれば適切な地盤改良工事が実施されます。

地盤調査報告書を必ずもらい、その内容を納得いくまで説明してもらいましょう。
(第3者機関の性能保証制度を利用の場合、ここで1度目の検査がある場合もあります。
また、検査機関によって報告書だけという場合もあります。)

2.基礎工事

地盤調査結果によって適切な基礎が設計されます。
基礎の細かな仕様がここで決まります。

基礎の鉄筋を組立てた後に配筋検査が行われます。
図面通りに鉄筋が配置されているか?鉄筋の種類や径・ピッチ・かぶり厚さなどを確認します。

アンカーボルトとホールダウン金物の適切な設置、位置の確認も必要です。

木工事

使用材料の樹種の確認、材寸の確認、耐震金物の適切な配置、取り付方法の確認が必要です。
合わせて耐力壁の仕様、位置についても確認します。
緊結金物の適切な設置、釘の種類、ピッチについても確認します。

小原建設が選ばれる理由:第3者機関による現場検査の実施


ポイントのまとめ
各工程のポイントを押さえ、欠陥を未然に防ぐ対策をしている住宅会社を選ぼう。

ページ上部へ