盛岡市 滝沢市 八幡平市 岩手町 雫石町 矢巾町 紫波町 に、木の家をつくります。
家づくりマネーセミナ− 家づくりマネーセミナ−

こんな方にオススメです!

資金計画は建てたあとの生活設計です

将来の暮らしを考える
家を建てるときに、間取りや建てたあとの生活をイメージするのは楽しいことです。しかし、最終的に家を建てて幸せな生活がおくれるのかも考えなければなりません。家を建てるにはいくら掛かるのか、そのお金はどのようにして用立てるのか、その支払いはいくらになるのか、その支払いで生活は大丈夫なのかといったことは、頭を悩ませる問題です。資金計画というといくら借りられるか、支払いはいくらになるかと考えます。
しかし、そうではなく、支払いがいくらまでなら幸せな生活がおくれるか、その支払いなら金利を含めていくら借りられるかを考え、その中からどのくらいの予算を建物に使うことができるかという具合に考えていくとよいでしょう。
目標は幸せな生活
予算が決まってきたら、その予算内で夢のマイホームをどのように実現していくかを考えましょう。予算的にゆとりがあるのか、優先順位をつけプランを見直しが必要なのか、それとも時期を待たなければならないのか、最悪の場合、家づくり計画そのものの見直しを決断することも必要です。
最終的な目標は幸せな生活をおくることです。無駄のないスマートな生活をして、さらに予算や希望を最小限に抑えてようやく建てられるというのなら、本当に家を建てる価値があるのか今一度考えて見ることが必要です。
家づくりの資金計画で大事なことは「借りられる金額で建てる家」ではありません。「支払いをしてもお金が貯まる家」が理想です。
家づくりマネーセミナー申込はこちら

借りられる金額で建てて大丈夫?

銀行には貸してくれると
言われたけれど…
先日、見学会にたまに来てくれるお客様からお電話があり、どうしても相談したいことがあるというので会うお約束をしました。その方は現在ローンの支払いがまだ残っている家を手放して、新しく家を建てたいという計画をお持ちでした。でも、その家は立地条件があまり良い所ではなく、以前も何度か売ろうかとしたものの売れなかった土地に建っているのです。
約束の日にご夫婦でいらしてくださいましたが、かなり重い空気でした。相談したいというのは実は奥様のほうでした。銀行では、新しい家を建てるのに必要なお金は貸してくれるというし、建築会社の営業マンは、今住んでいる家は売りに出していればいずれ売れるし、支払いも大丈夫だから建てましょうと勧めるというのです。
このまま進んで
よいのだろうか?
ご主人はその気になっていますが、奥さんと娘さんは「このまま進んで良いのだろうか」と、すごく不安になってきたというのです。ローンを二重に払っていけるのか、現在の家はいつ売れるのか、はたして本当に売れるのか等、不安ばかりが頭に浮かんで、悩んでいるというのです。
こういった場合は、まず、今の状態がわかるように、一つ一つ話を聞いてみないと、良いとも悪いとも言えません。そこで生活費はどれくらい掛かっているのかを知るために、「食費は? 電気代は? 水道代は?」と聞きましたが、家計簿をつけていないので生活費がいくら掛かっているのかわからないというのです。確かに月々のローンの支払いの計算はできても、この状態では判断がつかないし悩むと思います。二重のローン契約を結んで良いか悪いかを考えるための、判断材料がないのです。
なにからやればいいのか
よくわかりました!
そこで、この疑似体験を実践してみることをご提案しました。無駄や節約の見直しといっても紙の上で予算を切り詰めて我慢するのではなく、買い物の工夫や料理の工夫等アイディア次第で楽しくできることも具体的にお話しました。
お試し期間を無事におくることができたら、迷いが確信になり自信が持てます。また、この期間に貯金したお金を頭金としても使うことができます。そして売りに出していた家が売れたら、その時点でもっと楽な生活設計を考え直すこともできますよとご説明しました。
すると奥様もご主人も顔が明るくなり、お互いに顔を見合わせてニコニコしていました。資金計画はローンの支払計算ではなく、新しく始まる幸せな生活のための見直しであるということを、わかっていただけたようで「なにからやればいいかよくわかりました」と言って、来たときとは別人のような顔になって帰られました。

こんな悩みが解決できます

家づくりマネーセミナー申込はこちら

幸せな人生のために幸せな家づくりを


みなさんは家づくりをするとき、どんなことを考えますか。
どんなことがきっかけで「家が欲しい」と思い、どんな家に
住みたいと思うのでしょうか。

小原 光秀

Obara Mitsuhide

小原建設代表。一級建築士。宅地建物取引士。
1955年岩手県盛岡市生まれ。盛岡市内の建築会社で現場管理に
従事した後、27歳で小原建築設計事務所を独立創業。35歳で
現住所に移転し、小原建設を設立。創業30周年の2012年に
「家は買うもの?つくるもの」を出版する。


著書「家は買うもの?つくるもの」より

なぜ家が欲しいのですか?
私は35歳のとき、家を建てました。それは生まれてくる
赤ちゃんのため、子どもたちの成長のため、家族のための、
家づくりの第一歩でした。

あかちゃんのための家づくり
しかし、そこにはみなさんと同じように、さまざまな問題が立ちはだかりました。土地もなく、お金もあり ません。それでも一つ一つ、ときには悩みながら、ときには楽しみながら、家づくりを始めました。
 土地をさがすのに妻の職場までの距離、買い物、バスの便利さ、子どもをどこの学校に入れるか、家の間 取りはどうするか、そこまでは楽しく考えられました。
 しかし、お金の工面や支払いのことを考えると頭が痛くなりました。私はすでに独立していたので勤め人 と違い、収入が不安定なので毎月のローンが払っていけるだろうかと真剣に悩みました。お客様が家を建て るということになり、ローンや支払いの話をしているときのことを思うと、みなさん冷静な方ばかりで感心 したものです。
家づくりとは
私にとって家づくりは、家族ができてから始まりました。
 家を出ることから始まり、利便性と経済性をはかりにかけて引っ越しを繰り返していた独身時代や新婚時 代は、住み家さがしをしていたに過ぎません。しかし、三人目の子どもが欲しいと思い、家族のために家を 手に入れようと考えたのが、家づくりのきっかけです。
 ですから、子どもの成長を中心に家の場所や間取りを考えていきました。現在の自分の状況を踏まえて、 成長する子どものことを視野に入れたので、何を優先すればいいのか、その順位も明確にすることができま した。私にとって家とは、家族を守るためのものであり、家づくりというのは、家族の歴史を刻む場所でも あるのです。
 あなたにとって、家とは、そして家づくりとはどんなものですか。それを考えることで、漠然としていた イメージが、「家」という形になって、より具体的に見えてくるはずです。
家づくりマネーセミナー申込はこちら

家づくりマネーセミナーQ&A

Q.参加費はかかりますか?
A.無料です。参加費は一切かかりません。
Q.時間はどれくらいですか?
A.AM 10:00 - 11:30 の1時間30分です。
Q.定員はありますか?
A.各日3組までの少人数で行います。
Q.どこで開催するのですか?
A.弊社のセミナールームです。
駐車場がありますので
お車でお越しいただけます。
Q.セミナーを受けたいけど、どうすればいいの?
A.7日前までに下記フォームからご予約ください。
(例) 3月8日開催の場合は、3月1日までにご予約ください。
Q.セミナーを受けたら、しつこい営業されませんか?
A.強引な営業はいたしませんのでご安心ください。
お客様の声

家づくりマネーセミナーお申し込みはこちら

家づくりマネーセミナ−
お申し込みフォームを入力 必要事項を入力しお申し込みフォームを送信します。
弊社から内容確認のご連絡 メールもしくは郵送で受講票をお送
りさせていただきます。
セミナー受講 お約束の日時に弊社事務所にて、無
料セミナーを実施いたします。

セミナーに参加して家づくりを成功させよう!

お申し込みフォーム
  1. 必要事項の入力
  2. 入力項目の確認
  3. 完了

【必須】 お名前:
【必須】 ふりがな:
【必須】 メールアドレス:
【必須】 TEL:
【必須】 郵便番号:
【必須】 住所:
【必須】 建築予定地:
【必須】 参加人数: 大人:   名 / こども:  名
【任意】 通信欄:
ページ上部へ